2020年9月19日土曜日

視線を欲しがる

 


「視線を欲しがる」この言葉
困惑する方もいるかもしれません



何か横暴な振る舞いを想像しそうですね


実はファッションでは
他人目線という考え方があります
(誰かと比べて、どうのこうのって事ではない)



例えば何かを表現したい時



「視線を欲しがる」この感情があり
表現という行動が、現実になります



例えば先日のasamiさんの「美のエンターテインメント」
美しくエスプリに魅せられた4分半
多くの視線が注がれていました


「視線を欲しがる」見られる事を前提に
asamiさんはあの時間を作り出しています



だから「視線を欲しがる」って
自己愛の強い感情が含まれるって事ではなくて



ごく自然な事で、人間の本質であります



案外、心の奥底に沈んでいるかもしれません
(観劇が趣味な方 フフフどうでしょう)


しかし 日本人は自己批判の強い傾向があるので
思考に癖がついてしまっております

「自分には そんな価値はない」



私達は成長と共に本質を抑制する事を学び


子供の頃持っていた
純粋でささかな欲望がもたらす幸福感から
どんどん遠ざかり大人への階段を登ります




オシャレをして「視線を欲しがる」
これ、実はとっても幸せな秘密が隠されています



自分自身へ対応する事を学ぶ事ができるのです
それには優しさ暖かさと敬意があります



自分自身へ対応する事って・・・?


そう思ったら9月のオンラインセミナー
「オシャレの幸福論」で



子供の頃の記憶を思い出してみませんか




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

オシャレの壺 9月のオンラインセミナー





9Neuve 貴子




0 件のコメント:

コメントを投稿