2019年11月6日水曜日

パリ美術館紀行『PARISコネクト』




現在、ルーブル美術館の入場者数を
更新し続けている『ダヴィンチ特別展』





ルーブル職員により10年の歳月をかけ
世界中に点在するダヴィンチ作品162点集めた
前例のない回顧展だそうです





1箇所でこれだけのダヴィンチ作品を
一堂に見れる夢の特別展





思わずパリ行き航空券の
金額を調べたくなるほど身悶えています







ヴェネチア美術館所蔵
「ウィトルウィウス人体図」
教科書で見た事がある方も多いのではないでしょうか







人体の黄金比図であるこの作品
イタリア本国でも特別時にしか公開されないそうです



今回のルーブル貸し出しを巡り
イタリアでは裁判となり



土壇場で許可の判決が出たそうです
(こちらは2ヶ月のみの展示)



そして、モードと彫刻を楽しめる展示会


Back Side / Dos à la mode」
(バックサイド、 モードの後ろ姿)

Musée Bourdelle ブールデル美術館で開催中







美しいバックデザインファッション約100点と
写真・映像で後ろ姿を見る展示会




バックコンシャスな美しさを堪能する
ひと時を過ごせそうですが




11月7日まで・・・明日です
PARIS滞在中の方 是非!






9 Neuve  ミュゼ子

0 件のコメント:

コメントを投稿