2019年10月24日木曜日

赤ずきんちゃん気を付けて



赤ずきん=私 47歳
おばあちゃん=祖母100歳




近代のグリム童話は高齢化なのだ



お菓子とお花を持って祖母に会いにいく
そんな赤ずきん業務が
私には月に一度ある




赤ずきんは長崎から福岡まで
高速バスに乗りプチ旅行





月の一度のお役目は
母から私が受け継ぎ
かれこれ6年目が過ぎた


100歳となった祖母は
流石に少し痴呆が見え隠れするようになったが
しかし、会話は楽しい



が時に毒をはらみ
不意にチクリと棘を刺す



つくづく思う面白い人だと


祖母という枠ではハマりきれない
個性を100年の時間抱いてる



ゆえに家族でいるには
こたえるなと感じた過去がある
(母は時々、白旗を上げる)




でも孫と祖母を長くやっていると
ちゃんとそこには愛があり
赤ずきん業務から学ぶ事は多い




今では彼女の個性を
寛容に受け止めるようになり
施設の職員の皆さんには頭が上がらない





今回の福岡滞在中、至る所で
人に見られていると感じる事があった


施設の婦長さん
タクシーの運転手の方々
ティーサロンの店長さん
デパートの店員さん
スターバックスのスタッフ





誰かの瞳に映り
それが美しい記憶として
脳にインプットされていたのなら


その感覚が
その人自身の美的感覚を
作っているのかもしれない





「いつも素敵なので覚えています」



笑顔で言われると
これは、たまたまではなく



持続するからこそ
キャッチされるのだろうなと思う




赤ずきんちゃんは見られているのだ
気をつけなくちゃ


9Neuve 貴子





















2019年10月17日木曜日

夜は夜に





この10日間ほど、とても寝ている
これを綴る今はもうトロリと眠い




10時半からエンドレス8時間眠り
6時半にパチリと目覚めるまで



コンコンと夢の中
途中、ピクリとも目覚めやしない


あまりに良く眠るので
ちと大丈夫かしらと思うけれど



すこぶる元気で
冬眠する気配もないので良いのでしょう


夜がちょっと短く感じるけれど
冬の夜が好きなのだ



6時半過ぎパチリと目覚めて
縮まった身体を伸ばすように
ストレッチすると




筋肉がミシミシと動き出す
身体が、細胞が蠢く


8時過ぎハイヒールに足を入れる




この瞬間ピリッと気が入り
華やいで、一歩を踏み出すのだ



では、ボンニュイ  よい夜を

9 Neuve 貴子


2019年10月6日日曜日

短くも長き旅路を終えて





空が高く澄み切った秋空となり
9月27日コンサルティングを卒業しました




コンサルティングの幕が上がった時
さほど自分が変わる事はなかろうと



恐れ多くもそんな風に思っていた


初日レッスンの1月9日
ASAMIさんはこう言った


「思う存分 その美しさを開花して下さい」



目をシパシパしばたかせながら
しばらく、まごついていたら


私を見つめる
強く優しい眼差しに気が付き



ふむと頷き 御意と心を決めた


それからの9ヶ月
自分の中の引き出しを開けては
よく宙を眺めては考えたものだ





あの時言われた美しさとは
どの当たりだろうか



それは寄せは返す波のようで
波の谷間の岩にゴツゴツぶつかっている時




ASAMIさんは静かに
私の個性を尊重しながら導いてくれた



悶えるように苦しかった「声の哲学」に
やっと光が差し込んできた5月



眠れる美しさが
少しずつ頭をもたげるように
ゆっくり目覚めた


そうして、短くも長き旅路は
新しい扉を開いてくれた


そして、昨日から
クライアントとのレッスンが始まり
その扉の向こう



新しい旅路が始まりました



9Neuve 貴子