2019年8月4日日曜日

そして一粒の光






最近、寝る前にサラダ菜を
ポシポシと食べる午前0時




胃にもたれず
柔らかな歯ざわりが美味しい



何だか落ち着くのだ
ウサギってこんな気持ちなんでしょうか



そんな一週間を過ごし
明日はモニターレッスンです


7月後半から世俗から離れ
レッスンに向け邁進する
と言うわけにもいかず


世俗にヒタヒタに浸かっていました


こんな時こそ仕事は山盛り
7月から派遣のお仕事までスタートし



怒涛のカオスの幕開けとなり




眩しい夏空に目を細め深呼吸し
今の自分を何度も確かめた。


私の中に「ソウル・清渓川」
この残像が見えたら限界


それはマイナス15度・冬のソウルで


疲れと寒さで歩きながら眠り
凍る川へ落ちそうになった記憶


そして夜中にポシポシ音を立て考える


あの凍る川が近いのか
まだ遠いのか
サラダ菜に問いながら
柔らかな葉をはむと



ちょっと優しい気持ちになったりした



そんな激しく優しい日々が過ぎ
明日を迎える



それだけで、とても幸せだと感じる


そして明日
一粒の光をみつけたい

9 Neuve 貴子







0 件のコメント:

コメントを投稿