2019年3月5日火曜日

幕を下ろす時 幕を上げる時






私の仕事は「マーシュのかご」



オーダーメイドでカゴバックを作る
生業を約15年続けていた





1年半前位から
作りたい物がもう作れた、卒業しようと心を決めた


物を作るという表現に一区切りをつけながら



この一年は、布やレースの資材整理をし
残すはホームページ



ホームページの存在が消えれば
これまでの年月が記憶が跡形もなく消えるようで



喉に小骨が刺さったような
鈍い痛みを抱えた時間が続いた


卒業と言いつつズルズルと
留年しているような状況に浸かっていた




ところか、ホームページの管理会社から
「サービス終了のお知らせ」の告知が来た


否が応でもホームページを閉じなければいけない



ションボリとしバスの中で目を潤ませ
やっと、絞り出すように腹を括り覚悟を決めた




15年自分の核となっていた部分の
幕を下ろす作業が始めた




バッグのオーダを受けてはいない今は
ホームページを移行する必要もなく
データの保存作業を粛々とこなしている


「マーシュのかご」を振り返ると


結構めちゃくちゃなんだけど
当時の私は、ごくごく真剣で
ひたすら一生懸命だった




布仕入れでフランス・韓国へ行き


ついでに始めたバイヤー業をメキメキ請け負い
何かの流れでライティング業も始めた


海外の仕入れ前は派遣で事務をし
資金調達に勤しんだ




と書くと、
すごく器用で自由な人にも思えるが


そうであって、全くそうでもない



ただ「マーシュのかご」作り続けたい
物を創りだすことで自分を表現したい


その情熱が全てだった



今更だが、なんとまあ・・・
学びの多い面白い16年だったか


次の幕「ASAMI PARIS」をスルスルと上げながら
「マーシュのかご」の幕をスルスルと下ろした




この続きは またいつか




4月30日まで「マーシュのかご」のホームページが見れます

http://mars99.petit.cc




0 件のコメント:

コメントを投稿