2021年9月23日木曜日

旅人の心得

 

9月11日 祖母が鬼籍に入った


人生の何たるかを味わいつくし
自分に向き合う102年を全うした




眠りにつくその日の朝まで
食事は食堂でとるからと
車椅子を揺らした



もうそんな体力はこれっぽっちもなく
食べ物の咀嚼もできないけれど
正々堂々と自分を貫き



部屋(ベット)での食事は好かん!
とキッチリ拒絶した



そして、その日の午後
長崎から到着した母に看取られ
逝った



「お迎えはいつ来てもよかとけど
 そいばってん、自分で勝手にできんさ

 あたしは、いつでん良かちゃけどね」



ため息まじりに
ニヤリと笑いながら彼女は言い




魂が運び去るその時を待ち続けていた



母が来たその時を狙い
そら来たと
旅立ったのだろうなと思う




その週末
葬儀場で行われた葬儀は
祖母オンリーで



(本葬は長崎で行ったのだけど)
大きな会館を悠々と独り占めし



葬儀社の人は、老人が多いこの街で
こんな事滅多にないと唖然とさせた



次に火葬場に行くと
その日、荼毘に付すのは祖母だけだった
(これもレアケースらしい・・・・)



リゾートホテルと見まごう
広く豪華な火葬場は
その日は祖母ただ一人の為にあった



晴れた空には
雲が美しく漂い



旅立つにはもってこいの日だった




そうしてミラクルに天へと昇り
長崎へ帰ってきた
白い箱を見て考えた


心して逝ったので
死神も彼女のお迎えで手一杯となり


もう、他のお迎えは
手が回ら無かっただろうなと



ありがとうと言うより
おめでとうが相応しい



キクエさん 心からおめでとう
愛しているよ


9Neuve 貴子
















2021年2月23日火曜日

ドラム缶ラプソディ

 



今夜の
Instagram Liveに
ご参加下さった皆さま
ありがとうございました


先週に引き続き
2度も参加して下った方々


本当にありがとうございました
心よりお礼申し上げます



リベンジ Liveだったのですが・・・
またして前半、接続不通になり
お詫びを申し上げます



これも宇宙からのドラム缶なのか
静かなる動揺の中 お話しました
「性」のアレコレ


言葉にしようとすると
ドラム缶が砕かれる



宇宙は何か御所望があって
その考えは未知数なのだけど



自分の心をそっと窺い見ると
内容じゃない
伝え方のシフトチェンジだと
フルリと脳が震えた




今、わたしは言語の生業を
しばらくお休みしてる



けれど、自分の輪郭は
文字で綴ると
くっきり浮かび上がり



純粋な真実が浮き彫りする事ができる



そうか
文字を積み上げる時間も
まだ人生には必要なんだ



と感じる2月22日の夜ふけ
今日は猫の日でした




世界中の猫たちに愛を込めて 


9Neuve 貴子



2021年2月7日日曜日

千一夜物語




 2月11日 22時10分より
asamiさんとInstagram Liveを行います


官能と性

録画は残さず一夜の物語
(24時間は見れるのかな)


木曜の夜
どうぞお越し下さいませ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


さて、このブログ2ヶ月半
お休みをしておりました



何をしていたかと言うと



深く、より深く粛々と
自分に向き合う時間が続いて



弱音は吐かない!




なんて事でもなく
ただ不器用なだけ



ゴルゴのように仕事に打ち込んで
朽ち果てるように
床につき眠る



夜明け前、ムクリと起き
仄暗い時間から朝が開けたら
家を出る



このご時世なんだけど
在宅なんて1ミリもない生活



人生って 一瞬で闇夜になって
悩んだり
苦しい時がある


胸の内を吐露し
言葉にする事で心が整理され



その瞬間、楽になれる事もある



けれど わたしは自分の美学を
哀しみやエゴで消したくない性分で
この不器用さって嫌いじゃない




哀しみは厳かで尊く
ユルリと抱き込んだまま前に進む



そしていつか、川に流し
昇華させよう



琵琶湖のほとりか
夕暮れのセーヌ川なのか




その欠片を手放す時は
娯楽のように楽しそうだなんて
思っている





9Neuve 貴子



2020年11月20日金曜日

いま、ここにある風景








 11月は不思議と懐かしい人と再会する



20年・14年・10年ぶりと
長く大きな時の流れがあっても



脳はスルスルと記憶を引き出し
一瞬にして時空を越えてゆく



「あなたが撮る写真は、今でも覚えている



10年ぶりに聞く声が
ひっそり心の琴線に触れた




10年前、写真を売って欲しいと言う
オファーを受けた事があった




Parisにある知人のアトリエに
私が撮った長崎の写真が飾られていて



それに目を留めたフランス人からの依頼だった
はいこれねと手渡された紙には
電話番号と「Très poétique」と書かれていた


とても詩的だ




知人へ何枚かの写真を託し
私が帰国した後
依頼者の元へ写真が届けられた



Parisのどこかのサロンで
長崎の風景と空の写真が飾られた




それから半年後、
知人は若くし永遠の眠りにつき
アトリエは慌ただしく移転し
今はドイツにあると風の便りに聞く



私の報酬の一部は
知人の香典代として花をたむけて
残りのはアトリエの旅路代と贈った



その思い出はそのまま胸にしまいこんで
もう蜃気楼のように消えかけていたけど





急に砂がハラハラと落ち晴れて
あの光景が蘇る
そんな事が確かにあった



10年ぶり再会した友は言う
「また写真を撮ってみたら」



そうだね、スンナリ言う自分に驚いた


Très poétique
あの頃の喜び
表現する温度が懐かしい




9Neuve 貴子






2020年11月9日月曜日

第一容疑者




お洋服の劣化の犯人
第一容疑者は洗濯機です



そもそも洗濯機だって罪な事をしている
ワケではないのですが



汚れを落とすには
水の中で叩いて伸ばす動作が必要で



結果的に繊維が伸びる原因となり
犯人確定です



では手洗いすると、どのくらい劣化しないのだろう?



素朴な疑問からスタートした
私のピースフルなお洗濯事情は
日々のルーティンとなり5年が経過しました


(寝具類は洗濯機でブルッと回します)




断捨離でミニマムになった手持ちの服は
手洗いマークばかり・・・・
選択肢ゼロな背景もあったのですが



この5年お洋服の劣化はかなり防げております



身体を服にスルリと通す瞬間
肌が服の状態を秘めやかに確認し



ストンを内と外がまじり合う



そして、このお洗濯事情は
私に貢献という喜びと
志を与えてくれます



洋服で環境破壊につながる事を減らしてゆく



大地や空が健やかであるよう
オーガニック認定が厳しい洗剤を選び



夜な夜の手洗いが
この街の環境の助けになる



ブラシをかけて
スチーマアイロンの蒸気をあて
ドライクリーニングを減らす




ささやかな行為は
いつか美しい地球のカケラになる



森に住む鳥達よ
この土地と水を私は守るから



君たちは幸せに美しく空を飛んで下さい
そう願っている




11月22日まで開催
(平日の受付は11月11日にて終了)

オシャレの壺 10月のオンラインセミナー



9Neuve 貴子











































2020年11月4日水曜日

ねじれた身体のクロニクル







ハイヒールレッスンは嘘がつけない



私はasamiさんのハイヒールレッスンを
受けれない6ヶ月近くの空白が続いていた



5月の脚の手術から
後遺症の麻痺部分と折り合いをつけながら
ハイヒールで歩いていたが



夏は足首の捻挫を繰り返し
ヤサグレていた



6ヶ月ぶりのハイヒールレッスンが始まると
美しいフリだった
私の皮はベロンと剥がれ落ちはじめ




あああ、私は脚の麻痺に
とてもスネていたんだなと
自分の本音にやっと気がつけた



私は単純で
バカつくように子供っぽくなる時がある




心がねじれていると
身体もねじれる





いや、心がねじれているから
身体もねじれてゆくのだ




Parisから木霊する声を頼りに
身体に打ち込んだねじれを解いて
ニュートラルに粛々と動く



ハラリハラリ身体が右に舞うと
エゴや甘えが顔を覗かせるけど



もう、これからは45分の間
いちいちそんな甘えは許さないと心に決めた



この時間を乗り切ると
根性という勲章がつく



少し強くなったと
ちょっと胸を張っている



11月22日まで開催
(平日の受付は11月11日にて終了)

オシャレの壺 10月のオンラインセミナー





9Neuve 貴子




2020年11月2日月曜日

人生の棚卸し







季節の変わり目の行事 衣替え
それは「人生の棚卸し」



クローゼットの状態とは
自己尊重の度合いの表れと言われ



自分の事を自分はどれだけ愛しているのか
そんな事が分かるそうです



衣替えは自分と向き合い
「自分を愛する」ことだなんて
知らなかった過去がある私ですが


しょっぱい経験の得度を積んて
今は、お洋服の断捨離のお手伝いもしています







画面越しに
その方の本質的な美しさって
どんな風に服に現れるか探していて




それが分かる瞬間は
ファッション論理が吹き飛んで
感嘆し、吸い寄せられてしまってます






ファッションの美しさは
完璧を目指すのではなく
調和をする事



その人の内側が
外側である洋服に調和すると
人は誰でも光があり、美しい



人生の棚卸し、断捨離が

「自分を愛する」感覚を掴む
積み重ねとなるよう


お手伝いをしてゆきます



11月22日まで開催
(平日の受付は11月11日にて終了)

オシャレの壺 10月のオンラインセミナー